薄毛はただの特徴であって、コンプレックスではない!

30代後半の女性です。私は小さい頃から伝統空手をしており、大してうまくはないのですが大人になった今でも、ぼつぼつと近所の道場に通い続けています。大人クラスなので男性の割合が多く、傾向として皆さんいわゆるスポーツ刈りなど、かなり短めのヘアスタイルにしています。坊主頭の人も3割ほどいるでしょうか。

このように、男性の頭髪は「短め」「坊主頭」が主流である環境に慣れきってしまっているため、ふさふさとした長めの髪をなびかせている大人世代の男性を見ると、むしろ違和感を感じてしまいます。「邪魔じゃないのかな」「毎日のメンテナンスが大変そうで、経済的じゃないな」といった背景まで想像してしまいます。

AGAで頭髪のボリュームが少ないこと、薄毛であることをコンプレックスとしている男性は多いのですが、私はそれを全く「負の要素」とは感じません。個人の特徴として元々あまり豊富でないものを、育毛剤などを使用して無理に増やすよりも、思い切った短髪スタイルにして、見えている部分のお肌をきれいに磨いた方がよっぽど美しくて素敵!と思います。薄毛は短所ではなくただの個性です。自信を持ってください。

30代目前での白髪、円形脱毛症

30代目前にして急に白髪が生え始めました。
それまで髪に関する悩みなんて一切なく美容院に行けば、毛量が多くしっかりした髪の毛ですねと言われることが多かったです。
悩みは白髪に始まり円形脱毛症まで時間差で2つできてしまいました。
1つ目を発見したときは、全体的に抜け落ちてしまうのではないかという恐怖で解決法をひたすらネットで検索しては効果の出ると言われているシャンプーや育毛剤を取り寄せし試しました。

 

そのいずれも効果はなく3ケ月後には2つ目の円形脱毛症を発見しました。
気にすれば気にするほど夜も眠れなくなり不安と憂鬱の中生活をしていました。
そんな中、ストレスからくる円形脱毛症もあるとネットの記事で知りました。
よく考えてみると仕事の人間関係大きく変わりのストレスを強く感じていました。
そのストレスから過食をしたり、夜更かしをしたりを繰り返していたのでストレスを感じたら友人に愚痴ったり、足湯に行ったり温泉に行ったり、リフレッシュを心掛け規則正しい生活を心掛けていたら自然と円形脱毛症はなくなっていました。
白髪もそこまで増えなくなり、ストレスの影響は大きいと実感しました。そのままAGA薄毛に突入しなくて良かったです。

薄毛よりも禿げよりも不潔であるかどうか

子供の頃から自分の顔を鏡や写真でみてきた本人にとって薄毛や禿げは大変きになるものなのは理解出来ます。女性も薄毛になると悲しくなりますし、焦って何とかしようとするからです。しかし多くの女性が薄毛の男性に対して思っているのは、「清潔であれば問題ない」ということではないでしょうか。

 

男性は刈り上げや丸坊主にしてしまうことも可能で、そうしたからといって世間から奇異な目で見られることもないでしょう。薄毛を必死で隠そうとするあまりに違和感があるカツラを使用していたり、少ない毛で誤魔化そうとしている方が視線がいってしまって困ります。なので、いっそのこと潔く短くしてしまって清潔感をアピールするほうが女性受けは良いです。外国の素敵な男性俳優などは完全にはげていてもセクシーだと評判の方がいますが、要するに本人がそれを恥かしいことだと思っておらず堂々としていれば年齢に応じた色気が出てくるので女性は惹かれるということです。何よりも大切なのは髪の毛があるかではなく、清潔感溢れる髪型にしているか、でしょう。

薄毛を気にすることは、ないよ!

私は、50代後半から、髪の毛の質が急に変わってきました。若いころから剛毛で、ストレートヘアをしてきましたが、急に、髪の量も少なくなり、髪質も細く、こしのない髪になりました。その上、髪の分け目も薄くなってきたのです。あまりにもの変化にびっくりし、もしかしてFAGA, 女性の薄毛ではないか、埼玉のあのクリニックに行くべきかなど、何とかしなくてはと思い行きつけの美容師さんに相談しました。答えは、今の自分にあった髪型にすれば良いとのことでした。ストレートヘアをやめて、髪に段を入れ、動きのあるスタイルにしました。

 

髪の分け目も作らないで自然な感じにしました。出来上がった髪型は、自分でも、ちょっといい感じと思いました。
誰しも髪が薄くなったとか、禿げてきたとか、悩みはあると思います。それも男性に限られたことでもないと思うのです。私は、そんなトラブルがある人も、堂々としていれば良いと思うのです。見た目より、ずっと大切なことは、その人の人柄です。優しくて信頼されるような人なら、誰しも好感を抱いてくれるはずです。前を向いて、明るく元気でいることの方がずっと良いと思います。

薄毛に悩む男性陣に自信を持って

薄毛の悩みは男性だけでなく女性にも起きうる症状にもなりました。実は私も薄毛に悩まされる一人なのですが、だからこそ男性の方の気持ちは想像以上に理解することができます。私も同じように薄毛になり生きて行くことにさえ自信を失いかけたこともあります。

 

ですが男性陣の方に言いたいのは女性の私でさえ前を向き薄毛対策を心掛けていますので何事も諦めないこと、例えそれが実を結ばなくとも諦めたらそこで終わりだということを覚えててほしいです。とにかく薄毛になったからといって何をやっても効果がないから生きる気力もないなんて考えないでください。技術は日々進歩しています。そして今この時点で女性から見られたり周囲から見られたりして揶揄されてないか不安になられるかもしれません。

 

例えば今できること育毛剤を使うだけでなく運動や食生活、睡眠やストレスを溜めないようにするなどなどできることはまだまだあるはずです。それにもしお金に余裕があるなら今だけでも植毛に頼ってみるのもいいかもしれません。最近は短時間でしかも費用も随分と安くなってたりします。できることはまだまだあるはずですから諦めず、そして新しい技術ができるまで期待を胸に前を向いて自分に自信を持ってください。

女性は30代の半ばから髪質が劣化します

薄毛に悩んでいるのは男性ばかりではありません。男性と同じような働き方をしている女性も増えてきているため、生活リズムの乱れなどが影響して薄毛に悩む女性も増えてきています。レディース用の育毛剤も多く販売されており、多くの女性が利用されています。女性の場合は女性ホルモンの減少が抜け毛を促進させる要因になってしまうので、もしかすると男性より早く薄毛に悩むようになってしまうことも考えられます。女性ホルモンの分泌は30代の半ばあたりから減少していくと言われています。

女性ホルモンは女性の美しい肌や髪質を保つことに大きな役割を担っています。その女性ホルモンの分泌が減少する30代半ばを過ぎたころから肌や髪質は劣化していくことになるのです。髪質の劣化は髪が細くなったりコシが弱くなったりすることから始まります。髪質にそのような劣化の兆しが感じられるようになったらすぐにヘアケアや頭皮ケアのためレディース用育毛剤を使い始めるようにしましょう。そのような劣化が髪質に感じられなくても、30代の半ばとなったら薄毛対策で評判の医院に行ったり、髪や頭皮のエイジング予防は始めておくといいでしょう。

頭皮への刺激は専用ブラシを使う

アサイド

薄毛について心配するのは、女性よりも男性のほうが多いのではないでしょうか。それは、女性はある程度の年齢なると心配する人が多いのですが、男性の場合は若い人でも薄毛に悩んでいる人が多いからです。それだけ、薄毛になるいろいろなストレスがかかっているということがわかります。仕事などで、多くのストレスを抱えながら生きているのですね。

その時、そのままにするよりも今からできる方法で薄毛予防をはじめてみませんか?その薄毛予防として、頭皮を刺激することをおすすめします。頭皮を刺激することにより髪の毛も元気になります。それは頭皮の血流が良くなるので自然と元気にすることが出来るのです。

その頭皮は、そのままでは血流がよくなりません。刺激を与えることにより、良くすることができます。

そしてその方法として、専用ブラシを用いてブラッシングや頭皮をマッサージしましょう。ブラシはドラッグストアなどで買うことが出来るので手軽に購入できます。

第一印象を左右する薄毛の対処法

初対面の男性を見るとき、やはりどうしても見た目で第一印象は決まってしまいます。見るつもりがなくても目に入ってきてしまうのが髪の毛です。特に薄毛の男性の場合はどうしても目がいってしまいます。ある程度の年齢で髪が薄くなるのは仕方ないとは思いますし、全体的な年齢と薄毛が違和感なければいいのですが、若い男性で薄毛の場合は違和感があるためその時点で第一印象はあまりよくありません。薄毛の男性はどうにかしてこの違和感を払拭した方がいいと私は思います。

今は気軽に手軽に髪の毛を増やすことができるようになっています。増毛育毛を発毛のプロに任せるのは最も簡単な方法ではないでしょうか。浦和周辺でも発毛のプロを探すことができます。お金は多少かかりますが昔より安くなっていると思いますしこれで第一印象が良くなると思えば安いものです。

お金をかけたくない、増毛育毛には抵抗があるという人はいっそのことツルツルに剃ってしまうのはいかがでしょうか。薄くて悩むくらいならいっそのことな方が清潔間があって素敵になると思うのです。

薄毛で悩んでいる男性の方々、仕事にも恋愛にも影響する第一印象を良くするためにもどうにかして改善すべきなのです。

日本は髪の毛のことに異常にうるさいです。

私はヨーロッパに住んでいたことがあるのですが、男性が髪の毛のことを気にする話を聞いたことがありません。また、女性が男性の薄毛のことをあれこれ言うのも、耳にしたことが無いです。

 

日本人がこんなに髪の毛にうるさいのには、いろんな理由があるでしょう。まず、年を取るのは良くないことと捉えること。薄毛は老化をまざまざと感じる現象なのでしょうね。30才になるだけで三十路だと落ち込む国ですから。でも、海外ではそんなことはどうでも良い場合が多いです。

 

また、日本人はほぼみんな黒髪で髪質も似ているため、年齢と共に変化する髪に対する心理状態も似ていて、こんなに”薄毛”の話題が流行るのでしょう。
ヨーロッパで会った女性達の中にはは、恋人が薄毛の人ももちろんいました。でも、髪の毛のことより、彼が何を考えてどんな夢を持っているかが、とても大事なことのようでした。

 

日本でも、すべての女性が男性の薄毛を気にするわけではありません。もし、薄毛をからかう女性がいたら、堂々と軽蔑してあげれば良いと思います

嫌な思いは薄毛に関係する!解消しよう

男性は、女性よりも仕事やいろいろなことでストレスを抱えることが多いです。それは何といっても、自分がしっかりとしたい、しなければならないと思うことがあるからなんですね。それだけ、責任感が強いということが言えるのではないでしょうか。そのため、知らない間にかなり疲れていることになります。その時、気持ちがそんなふうになっていても体は大丈夫と思うこともありますね。

 

胃炎になる、神経症になる、不眠になるなどがないと大丈夫と思いがちです。ところがある部分が、そんなストレスを大きく受け止めていることがあるのです
その受け止めている部分というのは、髪の毛です。髪の毛はとてもデリケートなので、ちょっとしたことでも反応することがあります。ひどい時には、円形脱毛症になることもあるのです。それは、ストレスからそんなん風になると言われています。

 

多くの男性は自分は大丈夫と思っているところがありますが、ストレスをためていると薄毛になりやすいので解消するようにしましょう。