女性は30代の半ばから髪質が劣化します

薄毛に悩んでいるのは男性ばかりではありません。男性と同じような働き方をしている女性も増えてきているため、生活リズムの乱れなどが影響して薄毛に悩む女性も増えてきています。レディース用の育毛剤も多く販売されており、多くの女性が利用されています。女性の場合は女性ホルモンの減少が抜け毛を促進させる要因になってしまうので、もしかすると男性より早く薄毛に悩むようになってしまうことも考えられます。女性ホルモンの分泌は30代の半ばあたりから減少していくと言われています。

 

女性ホルモンは女性の美しい肌や髪質を保つことに大きな役割を担っています。その女性ホルモンの分泌が減少する30代半ばを過ぎたころから肌や髪質は劣化していくことになるのです。髪質の劣化は髪が細くなったりコシが弱くなったりすることから始まります。髪質にそのような劣化の兆しが感じられるようになったらすぐにヘアケアや頭皮ケアのためレディース用育毛剤を使い始めるようにしましょう。そのような劣化が髪質に感じられなくても、30代の半ばとなったらさいたまの薄毛対策で評判の医院に行ったり、髪や頭皮のエイジング予防は始めておくといいでしょう。