薄毛改善のために楽しめるストレス発散を

ストレスはAGAの原因の一つです。ストレス社会といわれる現代では、ストレスのない生活を送ることは不可能です。厳しいビジネスシーンの中で日々活躍をする男性にとって、仕事関連のストレスは大きく、溜め込みがちなストレスが薄毛を招いている可能性もあります。全くストレスを感じずに生きることは無理でも、ストレスをこまめに発散することならできますし、頑張りすぎる男性はたまには自分へのご褒美も必要です。

男は敷居を跨げば七人の敵ありということわざがある通り、会社では厳しいノルマの達成や売り上げという結果を出すこと、締め切りや上司や部下との人間関係など、ストレスのオンパレードの中に生きています。いつしか体はストレスに負けそうになってSOSを出しますが、薄毛もその一つですからなおざりにはできません。

お財布に少し余裕があるなら、マッサージを受けて全身のコリをほぐしてみると、自然と心のストレスも軽減されます。走ってみたり身体を動かすことも、良いストレスの発散になりますし、抜け毛を減らすためにも良い方法です。

女性であろうとAGAにはなる

女性でもAGAと呼ばれる男性型の脱毛症にかかることがあります。簡単にいますとホルモンバランスが崩れているからそのようなことになってしまうわけですが、実際問題として女性ではそこまで多いわけではないです。しかし、なる人もいるのですから注意は必要です。寝不足や運動不足などから引き起こされることがありますので規則正しい生活と適度な運動を心がけて生活をするようにするのが女性のAGA対策の一つと言われています。

 

抜けてしまった髪の毛はもう入ることがないのかと言いますと抜けるようにという体からのシグナルが発せられているだけであり、その毛根が死滅したわけではありませんからそこから回復することはAGAであれば可能性はゼロではないです。とにかくホルモンのバランスが崩れていることが最大の要因になりますから、女性の場合は特に女性ホルモンを正しく分泌させるような行動や食事などをするということにした方が良いでしょう。生活を見直すことです。

カテゴリー: AGA

薄毛を気にすることは、ないよ!

私は、50代後半から、髪の毛の質が急に変わってきました。若いころから剛毛で、ストレートヘアをしてきましたが、急に、髪の量も少なくなり、髪質も細く、こしのない髪になりました。その上、髪の分け目も薄くなってきたのです。あまりにもの変化にびっくりし、もしかしてFAGA, 女性の薄毛ではないか、埼玉のあのクリニックに行くべきかなど、何とかしなくてはと思い行きつけの美容師さんに相談しました。答えは、今の自分にあった髪型にすれば良いとのことでした。ストレートヘアをやめて、髪に段を入れ、動きのあるスタイルにしました。

 

髪の分け目も作らないで自然な感じにしました。出来上がった髪型は、自分でも、ちょっといい感じと思いました。
誰しも髪が薄くなったとか、禿げてきたとか、悩みはあると思います。それも男性に限られたことでもないと思うのです。私は、そんなトラブルがある人も、堂々としていれば良いと思うのです。見た目より、ずっと大切なことは、その人の人柄です。優しくて信頼されるような人なら、誰しも好感を抱いてくれるはずです。前を向いて、明るく元気でいることの方がずっと良いと思います。

薄毛の男性必見 女性は案外薄毛を気にしていない

年齢を重ねてくると徐々に後退してくる髪の毛。男性は薄毛になる人が多く、いくつになっても女性からの目も気になると思います。今は食生活が欧米化してきたこともあり、早い方で10代、20代で薄毛になる方もいます。いくつになっても薄毛になった人はかなり深刻な悩みだと思います。

 

しかし、女性の立場から意見を言わせていただくと、薄毛が嫌というよりは薄毛を必死に隠そうとしているのが分かってしまうのが嫌なのです。どうゆうことかと言いますと、例えばカツラを利用した場合どこか不自然な髪質と顔とあまり馴染んでいない髪型で一発でカツラとわかります。おでこが広くなっている人は必要以上に前髪をスプレーなどで固定して風が吹いてもビクともしないのも不自然です。

 

それよりは、もし治療費が出せるということであれば男性向けのAGAの発毛病院も大宮にあるので一度検討した方が良いと思います。費用面で難しい又は治らないということであれば、堂々としていればいいと思います。自虐的になったり、ネガティブになっているから周りも対応に困ってしまいます。薄毛は別に悪いことではないですし、おかしいことでもありません。どうしても薄毛が気になるようでしたら病院へ行くか、思い切って髪型を短髪にしてみる方法が良いと思います。

カテゴリー: AGA